爆発する前に!頑張らないワーママを目指すブログ

頑張りすぎない自分らしいワーママとはなんぞや?を考えて、探っていくストレス緩和コミュニケーション型ブログ☆

江戸時代のスーパーリサイクル

f:id:midori1983:20171024080632j:image

古着屋さんについて

皆さん、古着屋は好きですか?

私は古着屋が大好きです!

とくに子供服は、1枚100円で売っている「ちゃくちゃくちゃく」という古着屋さんに季節ごとに買いに行ってます♪

古着屋さん ちゃくちゃくちゃく 古着販売、婦人服、紳士服、子供服、着物、服飾雑貨

本当はフリマも安く買えたりするのでいいんですが、タイミング合わずに行けないことが多いので、常にフリマ価格の古着屋に。

お古とかも、若い時に子供産んでしまったためか、ほとんどもらう機会がなかったので、古着屋さんは本当に助けられてます(^_^;)あ、前の保育園でも、よくもらってたかな。

それに子供服は、いいの買って持ちがよくても、サイズアウトしたらあっという間に着れなくなるので(子供4人くらいいたら別かもですが)。

まぁ自分の服も買ってますけどね。。。

ちゃくちゃくちゃくの大人古着は300円ですが、かなり古めかしいのが多いので、大人の古着はドンドンダウンがオススメです♪

♪DonDonDown Mobile♪

こちらは、 値段がどんどん下がっていくお店。ブランドものも、たまにものすごく安くなってて助かります♪

古着屋の服ってどーなの?

それぞれの古着屋で売ってる服は、まだまだ全然着れる服がほとんどです。

ヨレヨレでビンボー臭くてやだという方もいるかもしれませんが、、、

正直、そんな服あんまりありません。

子供が3回着て洗濯したら、多分同じじゃないかな(^_^;)

たまーに、ボタンとれた子供ブランドの服とか、ゴムが伸びてきてるズボンなんかもありますが、、、ちょっと直して使えば、どこのお嬢様!?ってくらいブランドで固めた格好になってしまったりもします(笑)

 

江戸時代のリサイクル

そんな「ちゃく3」のお店を見てたら、レジ後ろに「江戸時代の300年のリサイクル」のことが書かれていました。

質素倹約時代ですね。

気になったので調べてみたら、、、

  1. 着物は基本古着屋で買う
  2. ボロボロになってきたら、子供服に仕立てなおし、ハギレは端切ギレ屋に売る
  3. それもダメになってきたら、オシメや雑巾にする
  4. それもダメになってきたら、灰買い業者へ

このエコの徹底っぷり!

というか、端ぎれや灰買ってくれるなんてすごいですよね!

売って➡︎買って➡︎リサイクル➡︎売って、、、のスーパーリサイクル循環!

 

現代はそんなことやってられないと、時間がないと、めんどくさがってしまう私達ですが、このリサイクル根性、不況であろうとなかろうと、見直さなきゃいけない日本の心だと私は思います。

進歩もしてるので、衛生のことも考えつつ。。。

 

今は100円でなんでも買えてしまう世の中ですけど。チリつもで、どんだけ無駄使いしてるんだろと、、、江戸時代のリサイクルを知って思い知らされました。

他にも色んなものをリサイクルしていた江戸時代の人。

気になる方は、下の参考サイトをご覧ください(^ω^)

 

参考サイト:江戸時代は徹底したエコ社会!どんな不用品もリサイクルした職人たちが渋すぎる – 江戸ガイド