爆発する前に!頑張らないワーママを目指すブログ

頑張りすぎない自分らしいワーママとはなんぞや?を考えて、探っていくストレス緩和コミュニケーション型ブログ☆

家事よりも人との協力を頑張る!

f:id:midori1983:20170816081017j:image

このところ海外のワーママ達のことを調べていますが、全ての国において

人に頼るのは当たり前

ということを感じます。

 

日本人は

  • 1人で頑張る事は美徳
  • 1人でやらないと罪悪感を感じる
  • 気を使うから1人でやった方が楽

と考えて、自分を追い込んでしまう人が多いから、人にあまり頼ろうとしません。

だから

  • 気を使わない機械に頼る
  • 自分の時間(睡眠時間ふくめて)削る

という話になるような気がします。

他の国より機器が発達したのは、そのせいかもしれませんね(^-^;

 

結論

  • 自分も含め日本人は協力とか頼るのがむちゃくちゃ苦手
  • 震災とか、極限までキツイ状況にならないと、人に頼ることがなかなか出来ない人種

 

それが日本人らしいといえば、そうなんだけれども、せめて、旦那や親くらいには頼ってもいいんじゃないかな。

迷惑じゃないかな。。。

なんて、頑張らないワーママになるには、迷惑じゃないかななんて思わない習慣を付けたいものです。

海外には親に預けっぱなしで長期旅行行ってしまう人種もいるんだから。

孫を育てるのが生きがい!という人もいるんだから。

 

とはいえ、親や夫に協力をお願いしてこなかった、ワーママを引退した日本人には

「突然預けに来て迷惑!こっちも予定があるのに!」という人も、やっぱりいます。

予定が狂うのが嫌いなのも、日本人だからかもしれません。

 

でも「突然ごめんなさい。いつもありがとー」と感謝して助け合って行かなきゃ、子育ては辛くなる一方だと思うのです。

日本人である前に

コミニケーションしての人間

なんじゃないのかな?

そして私達が共働きの良い見本にならないと、いくら文明が発達したって、私達の子供世代も共働きで苦労します。きっと。

 

もちろん子供を放置して遊べと言っているわけではなく、1人で家事育児を頑張るんじゃなく、人との協力こそ頑張ろうというお話です。

 

そしたら、政府の制度が、薄かろうが、保育園に入れられなかろうが、ストレスも少なくなるんじゃないかな。