爆発する前に!頑張らないワーママを目指すブログ

頑張りすぎない自分らしいワーママとはなんぞや?を考えて、探っていくストレス緩和コミュニケーション型ブログ☆

ささやかなお祝い

67歳になった父

昨日は父の67歳の誕生日でした。

平日で仕事だったこともあって、特に食事等のお祝いには行けなかったのですが、仕事帰りに父の大好きなモンブランを駅前で買って、直接渡しに行ってきました。

 

67歳か〜あっという間だねなんて話をしていると、亡くなった祖父達の話が出てきました。

 

母方の祖父が亡くなったのが68歳。

父方の祖父が亡くなったのが69歳。

 

祖父2人とも、結構短命で亡くなってしまったので、そのへんがやはり気になっているようでした。

「オレはまだ先かなー」

なんて言ってたけれと、父は5年前、肺ガンのステージ3宣告を受けていたので、実際祖父達が亡くなった歳に近づいてくるというのは、やはり不安だと思います。

 

肺ガン ステージ3からの回復

今まで病気知らずだった父が死の宣告を受けたのがちょうど5年前。

ステージ3の肺ガンは、肺のど真ん中に大きく出来てしまい、手術が出来ない状態でした。

もう残るは抗ガン剤頼み。。。

実際抗ガン剤が効くかどうか、負担がどうかは、人によって結構差があります。人によっては全く効かず、負担ばかりとか。。。

職場に「緩和ケア」というステージの高いガン患者を見る医師がいたため、無駄に知識があった私は、聞いた時、ホント血の気がひきました。

しかもその時私は次女を妊娠中。

誕生と死が同時に起こったらどうしよう。。。と、戸惑いを感じていました。

 

けれど、運良く抗ガン剤の効きが物凄くよく、父のガンはみるみる小さくなって、なんと手術ができるようになりました!

 

私が里帰りする頃には、抗ガン剤の為の入退院を何度か終えており、私の出産の時には手術が終わって回復の為の入院をしていました。

 

それからすぐ退院し、2人目の孫の誕生を一緒に迎えられ、前の頃までとはいかないものの、元気に生活できるようになっています。

 

赤ちゃんのパワーは特効薬

赤ちゃんのパワーってすごいですよね。

父は回復期に里帰りしていた為か、次女に物凄くパワーをもらったようで、

子供好きでもない父が、今でも次女を超溺愛しています(^-^;

短気な父が、オモチャを投げつけられても全く怒らないという。。。

長女の時の出産は、里帰りせず頑張ってしまったので、正直、里帰りすればよかったなーと、若干後悔してます(^-^;

 

ささやかな親孝行

話を戻しますが、ささやかなケーキ一つでも、父はとても喜んでくれました。

昔は何あげても喜ばないイメージがあったのですが、、、

近くで暮らしていても、仕事やら家事やら育児でなかなか話をすることも出来ないので、話しをするだけでも嬉しかったのかもしれません。

 

ささやかでも、少しの時間でも、お祝いはするもんだな〜と改めて思いました。

 

親が、いつ他界してしまうのか。。。

そんなのは神のみぞ知る事ですが

父や母に、少しずつでも育ててくれた恩返しをしていきたいですね。

 

今自分がこうして、ホームページやデザインの仕事を自信を持ってしていられるのも、システムエンジニアだった父が家にパソコンを置いて、ドローイングソフトを買ってくれたり、ネットのことやホームページ作りの参考書を買ってくれたおかげなんです。

 

父は仕事人間であまり家にいませんでしたが、なんだかんだで子供は親の背中を見て育っているもんですね。

 

私も、子供達に何か引き継いであげられるのかな?

 

と、しみじみ真面目に、考えてしまった本日でした♪