爆発する前に!頑張らないワーママを目指すブログ

頑張りすぎない自分らしいワーママとはなんぞや?を考えて、探っていくストレス緩和コミュニケーション型ブログ☆

子供を産むほど働きやすくなる環境が、少子化を止めると思う

先週末、友人が遊びに来ました。

本当は2人で女子会予定でしたが、予定がなかなか合わないので、とりあえず子供ありで、我が家で遊ぶことになりました。

 

友人の子供は4人、私の子供は2人。

あわせて、8歳、6歳、5歳、4歳、3歳、10ヶ月の娘6人。

旦那は用事がありお互い不在だったので、ある意味女子会ではありましたが、、、いゃあ、目が回りました(*☻-☻*)

我が家の狭いリビングを完全に大占領してオモチャを片っ端から出し、かけずり回っては笑って喧嘩して。しまいには2階の寝室、ベランダ、ウォークインクローゼットまで使ってかくれんぼ。

午前中、よりをかけて掃除した部屋は、もうぐっちゃぐちゃ。。。

友人は自分うちではなかったので、子供達を叱りまくっていましたが、ここまでいくと、なんかもう好きにしてくれというか、怒る気にもなれませんね。まさに

(*´Д`*)ポカーン

という顔文字がピッタリ。

保育士さん達はこんな状態毎日なんだから、ホントすごいですよね。尊敬。

 

さて、そんな友人も、4人目ができるまではフルタイムで働いてました。

送り迎え、お風呂、食事の用意を、旦那さんが結構やっていたので、そんなにストレス溜まっていなそうでしたが、、、

旦那さんが稼げる職場へ転職して、帰ってくるのが遅くなった影響と、出産のために仕事を退職したため、全部家事がのしかかってきたそうな。

「今私が働いてないからって、旦那が送り迎え、お風呂、食事の用意当たり前みたいにやらせてくる!!!」とボヤいてました。

確かに世間では未だ

女は家事をやって子供を見るのが普通だ

ですね。

地球の生命誕生から染み付いてしまってるような法則なので、これを完全に覆すなんて無理あるんでしょうが。

 

子供4人!

この少子化時代に大貢献した友人を、もう少し世間は対偶よくしてあげてもいいと思うんです。。。

なんででしょうね、日本は、子供を産むほど「貧乏子沢山」になります。

旦那は子供を養うため家事を手伝わなくなり、、、昔なら専業主婦になればいいものの、現代は旦那の給料だけじゃたりないので、母ちゃんは限りある時間を使って、選択肢のかなり限られた時間内(お迎え時間とかあるので)働かなきゃならない。そして、やっぱり生きていくためには家事育児ものしかかる。

 

こんなんで子供産みたがるわけないですよね。みんな。

出産だって辛いのに、その後はもっと辛いもの。

子供は本当にかけがえのないプライスレスな存在なんだから、もっと、子供産むほど働きやすくなる環境にならないものでしょうか。。。

 

そんな世界、世間を、つねに願います。