爆発する前に!頑張らないワーママを目指すブログ

頑張りすぎない自分らしいワーママとはなんぞや?を考えて、探っていくストレス緩和コミュニケーション型ブログ☆

家事よりも人との協力を頑張る!

f:id:midori1983:20170816081017j:image

このところ海外のワーママ達のことを調べていますが、全ての国において

人に頼るのは当たり前

ということを感じます。

 

日本人は

  • 1人で頑張る事は美徳
  • 1人でやらないと罪悪感を感じる
  • 気を使うから1人でやった方が楽

と考えて、自分を追い込んでしまう人が多いから、人にあまり頼ろうとしません。

だから

  • 気を使わない機械に頼る
  • 自分の時間(睡眠時間ふくめて)削る

という話になるような気がします。

他の国より機器が発達したのは、そのせいかもしれませんね(^-^;

 

結論

  • 自分も含め日本人は協力とか頼るのがむちゃくちゃ苦手
  • 震災とか、極限までキツイ状況にならないと、人に頼ることがなかなか出来ない人種

 

それが日本人らしいといえば、そうなんだけれども、せめて、旦那や親くらいには頼ってもいいんじゃないかな。

迷惑じゃないかな。。。

なんて、頑張らないワーママになるには、迷惑じゃないかななんて思わない習慣を付けたいものです。

海外には親に預けっぱなしで長期旅行行ってしまう人種もいるんだから。

孫を育てるのが生きがい!という人もいるんだから。

 

とはいえ、親や夫に協力をお願いしてこなかった、ワーママを引退した日本人には

「突然預けに来て迷惑!こっちも予定があるのに!」という人も、やっぱりいます。

予定が狂うのが嫌いなのも、日本人だからかもしれません。

 

でも「突然ごめんなさい。いつもありがとー」と感謝して助け合って行かなきゃ、子育ては辛くなる一方だと思うのです。

日本人である前に

コミニケーションしての人間

なんじゃないのかな?

そして私達が共働きの良い見本にならないと、いくら文明が発達したって、私達の子供世代も共働きで苦労します。きっと。

 

もちろん子供を放置して遊べと言っているわけではなく、1人で家事育児を頑張るんじゃなく、人との協力こそ頑張ろうというお話です。

 

そしたら、政府の制度が、薄かろうが、保育園に入れられなかろうが、ストレスも少なくなるんじゃないかな。

 

 

 

世界のワーママ環境(タイ、中国、シンガポール)

f:id:midori1983:20170816055345j:image

世界のワーママ達を研究!

第二弾です。

本日はタイ、中国(香港)、シンガポールのワーママ達について調べてみました。

※実際に現地取材したわけではないの、場所によっては違う可能性があることをご了承ください。

 

ちなみに前回の記事は、こちら⬇︎

 

タイのワーママ環境

  • 基本は共働き
  • 高所得者は地元のメイドさんを雇うことが多い
  • 子供は国の宝!なので子守をしながら仕事できる職場もある
  • 低所得者は出稼ぎに出ていて、長期休暇以外は子どもに会わず、祖父母に子どもを育ててもらっている
  • 90日産休をとれるが、45日までしか職場から給料がでないため、復帰する人多め
  • タイでの育児支援は、子供2人まで、毎月約1000円
  • 国の出産補助金と産休補助金が合わせて約10万円ほどだが、出産費は高級病院以外さほどかからない

 

中国(香港)のワーママ環境

  • フルタイムで働くには、両親またはお手伝いさんの同居が必須(嫌な場合はどこかのアパートの家賃を払って通ってもらう)
  • お手伝いさんは、ほぼ外国人で、月5万円くらいから雇える
  • 一時保育は本当に緊急時のみしか使えない
  • 託児所や保育園が極端にしている不足しており、27箇所しかない

 

シンガポールのワーママ環境

  • 育休がない
  • 産休は産前産後の4ヶ月のみ
  • 自由診療の為、医療機関によって、出産費にかなりの差(50万〜300万など)
  • 1、2年休業しても再就職がしやすい
  • 家族で子どもを見るのが当たり前なので、祖父母が子どもを見ている家庭が多い
  • 少し裕福な家庭には住み込みの外国人メイドやナニー(保育ママ)がいることが普通(毎月約7-8万円)
  • 保育園の相場は月12万円

 

 

どの国も共通点は

祖父母かメイドが基本的に見ている

ようです(^-^;日本人には考えられませんね。

でも、核家族になってママがかなり苦労している状況が多い日本人には少し必要な考えにも思えなくもないかな。

外国人のお手伝いさんと同居とかは、さらに敷居が高い考え方ですが、タイや香港、シンガポールではごくごく普通というのもビックリです。

病院や政府からの手当に関しても、日本人は優遇されているほうですね〜。

海外に共働きが多いのは、手薄制度のせいもあるんでしょうか?

世界のワーママ環境(アメリカ、カナダ、フランス編)

f:id:midori1983:20170808183130j:image

今は働くママに厳しい世の中だと言われているけれど、、、

実際、日本以外の他の国はどうなのよ?

と、ふと疑問に思い、ちょっと調べてみました。

というわけで、第1弾はアメリカ(シアトル)、カナダ、フランスです!

※実際に現地取材したわけではないの、場所によっては違う可能性があることをご了承ください。

 

アメリカ(シアトル)のワーママ環境

  • 妻がフルで稼いで夫が時短勤務、育休というのは珍しくない
  • 日本のような公的な育休制度がないので、育休がまったくない会社がほとんど。
  • アメリカの保育園は全て私立。
  • 保育園のクオリティにはかなりの差があり、ランチがハンバーガなんてところもある
  • 月に1人当たり15万円くらいのお金がかかる。でも、お金を払えばどこかしらの保育園には必ず入れるので待機児童の問題はない。
  • 安い学生ベビーシッターを利用することも多い

 

カナダのワーママ

  • カナダは共働き文化
  • マタニティーリーブという育休制度があり、1年の育休保証がある
  • 出産費や妊婦検診は、医療保険を払っていれば全て無料
  • 医師不足の為、出産後は即退院させられる
  • 保育園はほとんどが個人経営
  • 保育園はすくなく、なかなか入りにくい

フランスのワーママ

  • 専業主婦が毛嫌いされるほど共働き文化
  • ベビーシッター制度が充実
  • 保育学校があり、3歳以上は就学保証されている
  • 3歳以外の保育園は、かなり入りにくい
  • 保育ママという制度があり、7割のワーママが利用。3歳未満は月約48,000円、3~6歳は月約24,000円。

 

たまたまなのか、どの先進国もワーママ推奨派(^-^;

日本ってまだまだ中途半端ですよねー。

とはいえ、保育園に苦労しているのは日本だけじゃないんだな〜と思ったり。

アメリカは医療保証制度も薄いので、出産費がこわいですね(^-^;

 

ちなみに郊外で暮らす我が家(日本)は、保育園の待機児童問題はあまりなく、選ばなければ2次募集でも入れました。

日本はワーママ文化がまだまだな分、都心以外は待機児童問題、まだマシな方なのかも。。。

ささやかなお祝い

67歳になった父

昨日は父の67歳の誕生日でした。

平日で仕事だったこともあって、特に食事等のお祝いには行けなかったのですが、仕事帰りに父の大好きなモンブランを駅前で買って、直接渡しに行ってきました。

 

67歳か〜あっという間だねなんて話をしていると、亡くなった祖父達の話が出てきました。

 

母方の祖父が亡くなったのが68歳。

父方の祖父が亡くなったのが69歳。

 

祖父2人とも、結構短命で亡くなってしまったので、そのへんがやはり気になっているようでした。

「オレはまだ先かなー」

なんて言ってたけれと、父は5年前、肺ガンのステージ3宣告を受けていたので、実際祖父達が亡くなった歳に近づいてくるというのは、やはり不安だと思います。

 

肺ガン ステージ3からの回復

今まで病気知らずだった父が死の宣告を受けたのがちょうど5年前。

ステージ3の肺ガンは、肺のど真ん中に大きく出来てしまい、手術が出来ない状態でした。

もう残るは抗ガン剤頼み。。。

実際抗ガン剤が効くかどうか、負担がどうかは、人によって結構差があります。人によっては全く効かず、負担ばかりとか。。。

職場に「緩和ケア」というステージの高いガン患者を見る医師がいたため、無駄に知識があった私は、聞いた時、ホント血の気がひきました。

しかもその時私は次女を妊娠中。

誕生と死が同時に起こったらどうしよう。。。と、戸惑いを感じていました。

 

けれど、運良く抗ガン剤の効きが物凄くよく、父のガンはみるみる小さくなって、なんと手術ができるようになりました!

 

私が里帰りする頃には、抗ガン剤の為の入退院を何度か終えており、私の出産の時には手術が終わって回復の為の入院をしていました。

 

それからすぐ退院し、2人目の孫の誕生を一緒に迎えられ、前の頃までとはいかないものの、元気に生活できるようになっています。

 

赤ちゃんのパワーは特効薬

赤ちゃんのパワーってすごいですよね。

父は回復期に里帰りしていた為か、次女に物凄くパワーをもらったようで、

子供好きでもない父が、今でも次女を超溺愛しています(^-^;

短気な父が、オモチャを投げつけられても全く怒らないという。。。

長女の時の出産は、里帰りせず頑張ってしまったので、正直、里帰りすればよかったなーと、若干後悔してます(^-^;

 

ささやかな親孝行

話を戻しますが、ささやかなケーキ一つでも、父はとても喜んでくれました。

昔は何あげても喜ばないイメージがあったのですが、、、

近くで暮らしていても、仕事やら家事やら育児でなかなか話をすることも出来ないので、話しをするだけでも嬉しかったのかもしれません。

 

ささやかでも、少しの時間でも、お祝いはするもんだな〜と改めて思いました。

 

親が、いつ他界してしまうのか。。。

そんなのは神のみぞ知る事ですが

父や母に、少しずつでも育ててくれた恩返しをしていきたいですね。

 

今自分がこうして、ホームページやデザインの仕事を自信を持ってしていられるのも、システムエンジニアだった父が家にパソコンを置いて、ドローイングソフトを買ってくれたり、ネットのことやホームページ作りの参考書を買ってくれたおかげなんです。

 

父は仕事人間であまり家にいませんでしたが、なんだかんだで子供は親の背中を見て育っているもんですね。

 

私も、子供達に何か引き継いであげられるのかな?

 

と、しみじみ真面目に、考えてしまった本日でした♪

健康保険組合の夏季保養所

f:id:midori1983:20170802174736j:image

結婚10年目、初のお泊り旅行

私が嘱託になり、毎月健康保険を払うようになって1年半。

健康保険組合の権力(?)を行使して、夏季保養所に行ってきました!

正直、結婚してすぐ子供を授かったので、結婚式も新婚旅行にも行ってない私。

旦那の会社は中小企業なので、保養所なんてなく、、、お金はもちろんなく、、、

結婚10年にして、初めてのお泊り旅行です!

 

去年はワンボックスカーを買ったこともあり、無理やり家族4人で車中泊で旅行しましたが、、、

やっぱりお泊り旅行は最高だね!

疲れ方がちがうもの!

クーラーもついてるし!

布団で寝れるし!

 

あ、普通は疲れを癒すのか、旅行って(^-^;

 

旅行までの経緯

健康保険を払うと、その組合に入れるわけですが、私の入っている組合では、夏季限定で契約している民宿や旅館に安くお泊りができます。

なんと、一泊1人3780円(税込)!

我が家は4人なので15120円!!!

普通の旅行だと、この時期1人分のお値段です♪それ以下かも。

そのため、応募が多いと抽選になるということで、書類を発送してからギリギリまで本当にドキドキしてました(^-^;

そして3週間ほど待って、ついに手紙が!!!

無事、行けることが決まった時は、どれだけ嬉しかったことか♪

行くまで、毎日浮かれっぱなしでした(*≧∀≦*)

 

新潟柏崎の割烹旅館

f:id:midori1983:20170802180934j:image

f:id:midori1983:20170802181141j:image

海まで歩いて3分の立地。

それだけでも海水浴には最高なんですが、泊まったのが割烹旅館だっただけに、ご飯が本当っっっに美味しかった(*≧∀≦*)

大人はもちろん、子供がガッツいてること!

柏崎の海

f:id:midori1983:20170802181701j:image

土日に行ったのですが、あまり混んでいませんでした。

すごく丁度いい人口密度♪

海水浴場がいっぱいあるせいかな?

それとも曇りだったせいか?

岩場もあったり、海水も砂浜もとても綺麗で素敵でした♪

 

 

そんなわけで、海なし県の我が家に帰ってきてすぐの今週は、燃え尽き症候群気味です(´-`).。oO

 

来年も、夏季保養所、行けるといいなぁ♪

朝フルーツはダイエットの味方

f:id:midori1983:20170727123941j:image

旬のフルーツ大豊作

今年は何故か、旦那の実家からメロンやスイカがやたら送られてきました。

たぶん、義母の知り合いの農家さんから安く買えたんじゃないかと思いますが、、、

  • 最初は大きめメロン2種と新鮮なお魚と手作りの焼き豚♪
  • 2日後、やや小ぶりなメロン4つも!?
  • さらに2日後、大きめメロン2つ!?おかわり用???
  • 2日後、今度はやや小ぶりのスイカが4つも!
  • さらに2日後、また大きいメロン。。。

 

最初は嬉しかったメロンやスイカも、これだけ来ると、もはやイジメなんじゃないかと疑いたくなる量(^-^;

近所のお友達ファミリーにもスイカ&メロンを渡しましたが、、、

なくならないメロン&スイカ!

いつもは買えないというのに、なんだかありがたみが、、、(^-^;

 

旬のフルーツはダイエットの味方

とはいえ、旬のフルーツはダイエットの味方なんです!

酸素やミネラル、ビタミンをたくさん含んでいるので、朝の燃焼タイムに食べておくと、老廃物がたくさんでる身体になるそうです٩( 'ω' )و

更に白湯やスープも一緒にとると、身体をあたためてくれて、効果的!

メロンやスイカは皮むきも大変じゃないので、朝子供達のおかずにもなっていいですね♪

まぁ、普段あんまり買えるものではありませんが(^-^;

 

メロンの効能

せっかくなんで、メロンさんの効能も調べてみました!

  • カリウムがきゅうりの3倍!でムクミの改善
  • エネルギー転換が早く、疲労回復に効果的
  • GABAが多く含まれているため、ストレスを軽減させる
  • ニラや小松菜を上回るβ–カロテン!(赤肉のメロン)
  • 100グラム42カロリーと低カロリー

なかなか万能じゃないですか!

メロン様!

 

若干置く場所には困りますが、、、

大切に美味しくいただこうと思います♪

女性のダイエットの壁

f:id:midori1983:20170726081801j:image

ダイエットの為にエクササイズ&体重の記録をはじめて21日たちました。

ちなみに前回のダイエットの記録はこちら⬇︎

 

 

ついに黄体期後期・生理がやってきた

タイトル通りですが、ついに黄体期後期(生理一週間前)、そして生理がやってきてしまいました。

そんなわけで、エクササイズがこのところ順調ではありません。・゜・(ノД`)・゜・。

本日の生理3日目にいたっては、寝起き早々足がつったりなんかして、ダルさもあって出来ませんでした。

 10分のエクササイズ、生理一週間前までは余裕で楽しくできていたんですが、疲れすぎてしまって、8分が限界に。。。

 

じゃあ軽いヨガ!なんて浮気心で試しましたが、、、なんでしょうね、私、ガシガシ動くのが好きなタイプなので、やっぱりあまり好きになれない。

なーんか楽しくない。。。

って、そう思うのもホルモンバランスのせい?

 

まぁ頑張りすぎは何でも禁物ですので

頑張れない時は頑張らない!

と、潔く諦めましょう。

女性の日終わって、体調良くなってきたら、レッツエクササイズᕦ(ò_óˇ)ᕤ

 

肝心の体重は

スタートほど増えていませんが、残念ながら、少し体重が戻りました。

やはり黄体期や生理のせいかな?

でも、いつもは黄体期後期(生理1週間前)になると職場の制服のスカートが閉まらなくなってたんですが(-.-;)

今回はなんなく入いりました!

旦那にも、お腹周りが一回り減った?とか言ってもらえたり♪

そして体重が、夜と朝で一気に減る(燃焼!)ようになりました。

どうやら少し筋肉がついた?みたいᕦ(ò_óˇ)ᕤよっしゃー

 

甘いおやつは和菓子にきまり!

これは、伊達式ダイエットを考えた、伊達友美先生の本にも書いてあったことなんですが、

小麦粉を使ったお菓子より、お米などを使った和菓子の方が太りにくい

というものです。

 

つい、安くていっぱい入ってるスナック菓子とか、食べやすい菓子パンとか、クッキーなんかを選びがちなんですが、

「すあま」「水羊羹」「わらび餅」とかにチェンジ!

そのおかげか、なんだか体重がどんと増えなくなった感じが!

しかも、和菓子って小さくてもお腹に溜まるんですね。だから満足感が結構あります。

 

飲み物はお茶か炭酸(無糖)か豆乳

これもダイエットに大きい要因

飲み物でへたなカロリーとるのはやっぱり勿体無いので、カロリーとるなら食べ物で!

豆乳は、さすがにガブガブ飲むのはあれなので、どーしても甘いもの飲みたくなった時にはいいんじゃないかと?

ちなみに生理一週間前に飲むと、黄体期後期や生理に溜め込んで増えた体重がいっきに減るという噂です。

私は、豆乳大好きで良く飲むのであんまり実感がありませんが(^-^;身体にいいことは間違いなし!

 

以上、21日目ダイエットのレポートでした♪

頑張らないワーママ、ストレス溜めないダイエットで頑張ります♪